三国志 魏(三国志)

張陵は賊の人質となり救出されるも、再び人質になりそうになる

2022年6月10日

スポンサーリンク

名前張陵(ちょうりょう)
生没年不明
時代後漢末期、三国志
コメント張範の子で賊の人質となる

張陵は張範の子で、正史三国志の張範伝に記述がある人物です。

張陵の字などは不明であり、従弟の張戩と共に賊に捕らえられ人質になった話があります。

しかし、父親の張範が賊と話をした事で、張陵と張戩は自由の身となります。

張陵に関しての逸話は、山東の賊の人質になった話しかなく、それ以外の実績は不明です。

尚、五斗米道の開祖で漢中を支配した張魯の父親も名前が張陵ですが、別人なので注意してください。

張魯の父親の字は輔漢で分かっていますが、今回紹介する張陵は字すらわかっていない人物となります。

因みに、張範の子には張参なる人物がいる事も分かっており、張陵と張参は兄弟になるのでしょう。

山賊に捕らえられる

正史三国志・張範伝の記述によれば、次の記述が存在します。

※正史三国志・張範伝の記述

張範の子である張陵と張承の子の張戩が山東の賊に捕らえられた

上記の記述から張陵は賊に捕らえられてしまった事が分かります。

張陵と一緒に捕らえられた張陵は、張承の子だとする記載もあるわけです。

張承は張範の弟であり、従弟の張陵と張戩が一緒にいた所を賊が襲撃したのかも知れません。

尚、張範の家系は祖父の張歆は司徒、父の張延は大尉と後漢の高官であった事から、賊も身代金を目的とし張陵と張戩を狙っていた可能性も十分にあるはずです。

一度は釈放されるも

張範は張陵と張戩が賊に捕らえられた事を知ると、直ぐに自ら乗り出し賊と面会しました。

張範は無欲の賢人と言ってもよい人物であり、仕官していなかった事から、直ぐに動く事が出来たのでしょう。

賊の方では「人質は一人いれば十分」と考えたのか、張範がやって来ると張陵を釈放したわけです。

張範は張陵を受け取りますが、次の様に述べました。

張範「其方らが我が子を返してくれた事は嬉しく思う。

人情で考えれば我が子は可愛いものだ。

しかし、私は張戩が幼くて不憫に感じている。

私は張陵を返すから張戩をこっちに引き取らせて欲しい」

張範は自分の子よりも、弟の張承の子の命を優先させたわけです。

張陵は釈放されたと思ったら、父親の張範の提案により再び捕虜にされてしまう可能性が出て来てしまいます。

しかし、賊の方では張範に男気を感じたのか、張戩も釈放される事となりました。

張範の気持が賊に通じたとも言えそうです。

ただし、張範が張陵と張戩の人質交換を提案した時に、張陵がどの様に思ったのかは記載がありません。

張陵の性格は記述が少なくて不明ですが、父親の張範に対し不信感を抱いた可能性もあるはずです。

尚、張陵に関する記述は、これだけであり張陵がどの様な最後を迎えたのかも不明です。

因みに、張陵の兄弟である張参は、曹丕に仕えた話が残っています。

張参の記録だけが残っている事を考えると、張陵は早くに亡くなってしまったのかも知れません。

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク