三国志

龐宏は人物批評を好んだ龐統の子

2022年8月12日

スポンサーリンク

名前龐宏(ほうこう) 字:巨師
生没年不明
時代後漢末期、三国志、三国時代
一族父親:龐統 叔父:龐林

龐宏は龐統の子で正史三国志にも名前が記載されています。

龐統は36歳で亡くなった話があり、龐宏は若くして父親を失ったとも言えます。

父親の龐統は人物批評を好んだ話もありますが、龐宏もまた人物批評を好みました。

諸葛亮と並び臥竜鳳雛と呼ばれた龐統の子でもあり、龐宏に対する期待も大きかった様に思います。

しかし、龐宏は時の権力者である陳祗に不遜な態度を取り、左遷されてしまった話があります。

今回は龐統の子である龐宏を解説します。

強気な性格

先にも述べた様にの龐宏の父親の龐統は、劉循張任が籠る雒城攻撃中に命を落としました。

劉備が龐統の死を悲しみ一族を優遇した話もあり、龐宏は劉備の援助もあり不自由なく育った様に思います。

龐統伝の記述によれば、龐宏は飾りっ気のない性格で人物批評を好んだ話があります。

父親の龐統も人物批評を好み、呉では顧邵、陸績、全琮を評価した話があります。

龐統は人物批評を行う時に、褒め称える場合は能力以上に褒め称えたと記録されています。

息子の龐宏がどの様な人物批評をしたのかは不明ですが、龐統の様な相手に気配りを行う様な事はしなかったのかも知れません。

それが後に、陳祗との関係に軋轢を生んだ様に感じました。

陳祗に嫌われる

龐宏にどの様な功績があったのかは不明ですが、次の記述があります。

※正史三国志 龐統伝より

龐宏は尚書令の陳祗を軽く見て、不遜な態度を取り、陳祗に嫌がられ涪陵太守で亡くなった。

この記述から龐宏が陳祗と上手くいっていなかった事は明らかでしょう。

費禕の死後に姜維が政治のトップとなりますが、姜維は北伐を行う為に前線におり、代わりに成都にいて政治の実権を握ったのが陳祗です。

陳祗は劉禅に親しまれ宦官に対しても優しかった話があり、それをいい事に龐宏が陳祗を悪く批評したのかも知れません。

陳祗は宦官の黄皓とも上手くやっており、そういう所が龐宏にとっては気に入らなかった可能性もあるでしょう。

龐宏は涪陵太守になったとありますが、これは左遷だったのではないかと感じました。

陳祗に嫌われた事で、龐宏が出世が出来なかった事は明らかでしょう。

龐統の弟の龐林が夷陵の戦の時に、黄権と共に魏に降っており、龐林は魏で列侯になるなど重用された話があります。

それに対し、龐宏は蜀に残りますが、不遇な生活を送ったと考えるべきだと思いました。

龐宏が何年に亡くなったのかは不明ですが、涪陵太守で亡くなった記述を見るに、蜀の滅亡を見ずに亡くなったのでしょう。

龐宏は天才軍師と言われた龐統の子であり、期待も大きかった様に思いますが、口が禍し不遇な人生を送った様にも見受けられます。

龐宏の子孫に関しての記録はなく、この後にどうなったのかは不明です。

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク