三国志 未分類

簡雍は劉備の最古参の臣であり話し相手

2022年11月15日

スポンサーリンク

名前簡雍(かんよう) 字:憲和
生没年不明
時代後漢末期、三国志
主君劉備
年表214年 劉璋を降伏させる
215年 昭徳将軍に任命される
コメント劉備の最古参の臣下
画像©コーエーテクモゲームス

簡雍は劉備に仕えた人物であり、最古参の人でもあります。

劉備の最古参の臣下と言えば、三国志演義の「桃園の誓い」で有名な関羽張飛を思い浮かべる人も多い事でしょう。

しかし、正史三国志によれば簡雍も幽州涿郡の出身であり、劉備の最古参の臣下となるわけです。

ただし、簡雍は早くから劉備に仕えてはいましたが、劉璋を説得し降伏したこと位しか記録がなく、功績はよく分かっていません。

それでも、劉備のよき相談役でもあり、共に各地を転戦してはいたようです。

劉備軍の初期には田豫もいましたが、田豫が途中で離脱したのに対し、簡雍は最後まで付き従いました。

因みに、正史三国志の簡雍伝の注釈によれば、簡雍の本姓は「耿」であり、幽州の人は「耿」を「簡」と発音した事から、そのままの発音に従い「簡姓」にした話があります。

三国志集解によると、簡雍の祖先は光武帝に仕えた耿純であり、韓馥に仕えた耿武とは同族だともされています。

今回は劉備の話し相手とも言うべき、簡雍を解説します。

尚、簡雍は正史三国志の許糜孫簡伊秦伝に簡雍伝が立てられており、下記の人物と共に収録されています。

許靖糜竺孫乾簡雍伊籍秦宓

劉備と同郷

正史三国志によると簡雍は劉備と同じく、幽州涿郡の人であり、若い頃から旧知の間柄であったと伝わっています。

ただし、簡雍伝の記述によると、劉備と共に各地を転々としたと書かれているだけであり、具体的な逸話がありません。

劉備は公孫瓚と合流したかと思えば陶謙の元に行き、呂布曹操と戦い袁紹の元に行くなど各地を転戦しています。

それを考えると、簡雍も劉備に付き従い各地を転戦したのでしょう。

尚、関羽は劉備と離れ離れになった事がありますが、簡雍が劉備と離れてしまった事があるのかは不明です。

劉備は荊州に行くと簡雍を糜竺孫乾と共に従事中郎に任命しました。

簡雍は常に劉備の話し相手となり、往来して使者の役割と果たしたとあります。

正史三国志では長坂の戦いで、曹操軍の追撃の前に簡雍が負傷して動けなくなり、趙雲が助けるシーンがありますが、これは架空の出来事だとも考えられます。

ただし、長坂の戦いでは徐庶が離脱するなど、劉備軍は苦しい戦いを続けており、簡雍も実際にかなり苦しかった事は明白で、何らかの苦難はあったはずです。

劉備の話し相手

劉備は簡雍を相談役にしたわけですが、簡雍は決して行儀がよい人ではありません。

簡雍ですが正史三国志ではのびのびとしており、物事を論理だてて説明する事が出来、性格は傲慢で無頓着だったとあります。

これを聞いただけでも、簡雍が人間性に富んだ人だと分かるはずです。

劉備と会う時でも、足を投げ出して座ったりし、だらしない格好で心のままに振る舞っていたとあります。

諸葛亮以下の劉備の幕僚たちと会う時でも、自分だけが長椅子に座り枕で寝たままで話をした記録もある程です。

さらに、諸葛亮などの話であっても、自分を曲げる事はしなかったとあります。

普通に考えれば「舐めている」となるわけですが、劉備はこうした簡雍を憎む事はしませんでした。

劉備としては堅苦しさがまるでない簡雍といると、楽だったのもある様に思います。

劉備は性格的に問題があった法正を寵愛した話がありますが、簡雍も同じ様に寵愛したと言うべきでしょう。

下手に生真面目でお堅い人よりも、人間性は凸凹していても感性溢れる人の方が、好かれたと言うべきなのかも知れません

劉璋を降伏させる

正史三国志の簡雍伝によれば、簡雍は劉璋にも愛された話があります。

劉璋と簡雍が何処であったのかは書かれていませんが、涪城で劉備と劉璋が会見した時に、隣に簡雍がおり劉璋は気に入ったのかも知れません。

劉備も不思議な魅力を兼ね備えていると言われますが、簡雍にも不思議な魅力があったのでしょう。

後に劉備と劉璋は対立し、劉備は成都を囲みますが、西涼の馬超が劉備陣営に加わるなど、劉備軍が圧倒的に有利な状態にいました。

この状態で劉備は簡雍を劉璋の元に使者として派遣しています。

劉璋は元々簡雍を気に入っていた事もあり、降伏を受諾し簡雍は劉璋と同じ輿で城を出て劉備に降伏する事になります。

劉璋を降伏させたのは、簡雍の最大の功績だと言えるでしょう。

尚、三国志演義では簡雍が秦宓に態度を咎められ謝罪するシーンがありますが、正史三国志にはなく架空の話だと言えます。

益州が平定されると劉備は簡雍を昭徳将軍に任命し、許靖、簡雍、麋竺が賓客の扱いを受け相談役になったとあります。

麋竺よりは下ですが、簡雍は孫乾と共に礼遇されたと言えるでしょう。

ただし、簡雍が亡くなった年はいつなのか分かっていません。

劉備が漢中王になった時などに簡雍の名前はなく、劉備よりも先に亡くなったと考える事も出来ます。

劉備が入蜀してから暫くして、孫乾が亡くなった話もありますが、同じ頃に簡雍も亡くなった様に思います。

鋳造の道具を持っているだけでは

劉備が益州を手に入れてからの話だと思いますが、旱魃により酒が禁止された事があったわけです。

酒を鋳造した者は刑罰に処せられるなど、厳しい決まりがありました。

ある時、役人が家を創作すると鋳造用の道具が出て来た事があり、道具を没収し酒をつくった者と同じ罪にしようとしました。

これを聞いた簡雍は劉備と散歩をしている時に、男女を見かけると「あの男女はみだらな事をするつもりです。何故、捕まえないでしょうか」と述べます。

劉備は不思議がり「あの男女がみだらな行為をすると、なぜわかるのか?」と聞き返しました。

すると簡雍は「彼らはその道具を持っています。酒を鋳造しようとした者と同じです」と言い、聞き終わった劉備は大笑いし、鋳造する道具を持っていた者を許したとあります。

簡雍としては酒を造る道具を持っていただけで処罰するのは、罪が重すぎると劉備に言いたかったのでしょう。

簡雍の見事な機転を利かせた言葉であり、簡雍はこの様にして劉備に接し愛されたはずです。

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク