三国志 魏(三国志)

劉威(りゅうい)は叔父の無法が原因で失脚

2022年5月27日

スポンサーリンク

名前劉威
生没年不明
時代後漢末期、三国志
勢力曹操
コメント叔父の劉勲が失脚時に免官となる

劉威は正史三国志の司馬芝伝の注釈・魏略に名前が掲載されている人物です。

劉威ですが、父親が豫州刺史になっており、父親が亡くなると州の政治を見たとあります。

尚、劉威の父親は豫州刺史になったとあるだけで、本名は不明です。

劉威も豫州刺史になった様ではありますが、叔父の劉勲が失脚した時に連座して免職となった記録があります。

劉威は叔父の劉勲のお陰で、出世した部分もある様に感じますが、叔父のせいで失脚した人物だとも言えるでしょう。

尚、劉威がなったとされる豫州刺史ですが孫堅、周昂、劉備、郭貢などの人物が任命された記録があります。

しかし、劉威や劉威の父親がどのタイミングで豫州刺史だったのかはイマイチ分かっていません。

劉勲が曹操を頼る

劉威の話の前に、キーとなる劉勲を語ると、袁術に任命されて廬江太守にもなっています。

劉勲は袁術死後は袁胤黄猗張勲楊弘などの旧袁術軍や、劉曄が率いていた旧鄭宝軍を吸収し、揚州で最大の勢力となりました。

しかし、劉勲は勢力の維持が出来ず、孫策に急襲され彭沢の戦い西塞山の戦いで敗れた事で、南方を負われ曹操を頼ったわけです。

劉勲は揚州から北に移動したわけですが、この時に劉威が劉勲に従い南方にいたのかは分かっていません。

劉勲の従弟である劉偕は、劉勲に従い揚州にいた話があり、劉威も南方にいた可能性もある様に思います。

しかし、どちらかと言えば、劉勲の兄は豫州刺史をやっていた話があり、劉威は父親に従って豫州にいた可能性が高いと感じました。

豫州刺史となる

劉威は曹操に仕える事になりますが、次の記述が魏略に存在します。

「劉勲の兄は豫州刺史であったが、病没した。

兄の子である劉威も父に代わって州の政治を行った」

上記の記述から劉威の父親が豫州刺史であった事が分かります。

さらに、劉威自身も父に代わって州の政治を行ったとあり、豫州刺史になったとも考えられます。

これらの記述から想像するに、劉勲や劉威らは名士であり、重用されたのでしょう。

劉威自身も能力を認められ、豫州刺史になった可能性もありますが、劉勲が曹操に気に入られていた事も大きい様に思います。

劉威の失脚

劉威の叔父の劉勲は曹操の寵愛を笠とし、無法な行動が多くなります。

劉勲は杜畿の大きな棗を寄越す様に要請したり、劉勲の部下が司馬芝が治める地で狼藉を働いた話もあります。

ただし、劉勲は楊沛だけは警戒しており、危険人物の前では大人しくしていたのでしょう。

しかし、劉勲は李申成により告発され逮捕されてしまいました。

魏略では劉勲は「逮捕し処分された」とあるだけですが、正史三国志だと劉勲が処刑された記述があります。

劉勲が罪で処刑された時に、魏略には劉威に関して下記の記録があります。

「劉勲は逮捕処分され、劉威も免職となった」

上記の記述から劉威が劉勲に連座して失脚した事が分かります。

魏略の記述だと、劉威は免官になっただけですが、正史三国志には下記の記述があります。

「劉勲は処刑され関係していた者は全て処罰された」

ここでいう処罰が劉威にも及んだのでしょう。

劉威は免官になっただけで済んだのか、処刑されてしまったのかは不明です。

しかし、劉勲の無法な行動のせいで、劉威が失脚した事は間違いないでしょう。

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク