古代日本 日本神話

ヤガミヒメ(八上姫・八上比売)は薄幸の女神。その後に売沼神社に祀られる

2022年2月7日

スポンサーリンク

名前八上比売(ヤガミヒメ)別名・八上姫命(ヤガミヒメノミコト)
登場古事記、出雲風土記
生没年不明
コメント不要な一言が、その後の大国主に多大な影響を与えた
親族配偶者:大国主 子:木俣神
関連売沼神社、御井神社

ヤガミヒメ(八上比売)は、因幡の白兎の話でも有名になった神様です。

因幡の白兎の話を知っているだけだと、大国主と結ばれ、ハッピーエンドで終わった様に思うかも知れません。

しかし、実際には因幡の白兎の後にも話は続き、その後に大国主が八十神の迫害を受け黄泉の国に行く等もあります。

大国主は八十神を倒しヤガミヒメを妻としますが、その後に破局しました。

大国主が黄泉の国でスサノオと出会い、スサノオの娘のスセリビメを正妻としていたからです。

今回は古事記や出雲風土記にあるヤガミヒメの解説をします。

尚、ヤガミヒメを見ていると、薄幸の美女とも言えそうです。

八十神からのプロポーズ

ヤガミヒメは因幡におり、美人で有名な女神だったわけです。

ヤガミヒメの噂は、隣国である出雲まで鳴り響き、天之冬衣神の子である八十神らは、競ってヤガミヒメの心を掴みたいと願いました。

しかし、因幡の白兎の話にある様に、八十神は意地悪な性格をしており、とてもヤガミヒメが満足できるような神々ではなかったわけです。

ヤガミヒメは八十神らの求婚を全て断わりました。

しかし、八十神らに荷物持ちをやらされていた大国主が現れると、ヤガミヒメは大国主との結婚を宣言する事になります。

大国主の妻になると宣言

大国主が因幡のヤガミヒメの元に送れて到着すると、八十神らを前にヤガミヒメは次の様に述べます。

ヤガミヒメ「私はあなた方(八十神)と結ばれたいとは思いません。

大穴牟遅神様(大国主)と結婚致します。」

ヤガミヒメは荷物持ちをやらされ、冴えない男であったはずの大国主を、自分のパートナーとして選びました。

古事記に登場する女神は、イザナギを先に誘ったイザナミや、出会って直ぐに大国主と恋に落ちたスセリビメなど、時として積極的な女性が登場します。

ヤガミヒメも出会ったばかりの、大国主と結婚を宣言するなど、積極的な女性の一人だと言えるでしょう。

大国主の不幸を招き寄せる

ヤガミヒメは大国主の妻になると宣言した事が、大国主に不幸を呼び寄せる事になります。

ヤガミヒメは八十神らの前で、大国主の妻となる事を宣言したわけであり、八十神らは大国主を酷く憎んだわけです。

ヤガミヒメは大国主と結婚を宣言したにも関わらず、一緒に暮らす事も無く、大国主は八十神らに連行されてしまいました。

この後に、大国主は八十神らに2度も殺害され、造化三神の神産巣日神や刺国若比売(サシクニワカヒメ)の意向により生き返る事となります。

大国主殺害事件は、ヤガミヒメのストレートな言葉により起きた出来事でもあるのでしょう。

尚、この後に大国主は出雲や因幡を離れ、紀伊のオオヤビコノカミを頼り、さらには根の堅州国のスサノオの元を訪れます。

大国主との結婚

大国主は根の堅州国で、スサノオが与えた様々な試練を乗り越えました。

大国主はスサノオが寝ている隙に、地上に戻ると八十神を倒しています。

ここで大国主とヤガミヒメの間を塞ぐ者がいなくなり、無事に大国主とヤガミヒメは結ばれる事となります。

昔話で考えれば、ここでハッピーエンドとなるのかも知れません。

しかし、古事記の世界では大国主とヤガミヒメの恋の行方は決裂という結果になります。

大国主の元を去る

大国主とヤガミヒメの間に一子が誕生しますが、ヤガミヒメは大国主の元を去り因幡に帰る事になりました。

大国主は黄泉の国に行った時に、スサノオも娘であるスセリビメとも結婚していたからです。

スセリビメはスサノオも娘でもあり、正妻の座はスセリビメが手に入れたのでしょう。

古事記には次の記述があります。

「ヤガミヒメは正妻のスセリビメを畏れ、自分の生んだ子を木の俣に挟んで因幡に帰ってしまった」

古事記には、ヤガミヒメが何故、スセリビメを畏れたのかの記述はありません。

しかし、後の事を考えるとスセリビメの嫉妬深さを恐れたのではないか?とも考えられています。

スセリビメはスサノオの娘だけあり、気性が荒く怖い存在でもあったのでしょう。

尚、ヤガミヒメが木の股に挟んだ子は、木俣神と呼ばれ別名が御井神です。

見方によっては、ヤガミヒメは木俣神を捨てて去ってしまったとも言えます。

ヤガミヒメの評価

ヤガミヒメですが、「口は禍の元」と言うのが当たっている様な気もします。

大国主を結婚相手に選ぶにしても、八十神らの前で宣言したのは失敗だったと言えるでしょう。

八十神の前で大国主との結婚宣言をしなければ、また別の道が拓けていた様に感じました。

尚、古事記にはヤガミヒメが大国主のどこを好きになったのかの記述がありません。

個人的に気になったので、ユーチューブのチャンネルを使ってアンケートを取ってみました。

顔が好みだった 10%

性格がまともそうだった 7%

将来性があると感じた 12%

直感的に「この人がいい」と思った 22%

八十神が悪すぎて大国主がまともに見えた 49%

上記の結果を見ると分かりますが、八十神が余りにも酷すぎて大国主が、まともに見えたとする結果が一番となっています。

尚、因幡の白兎はヤガミヒメの偵察要員であり、八十神と大国主の行動を観察し、ヤガミヒメに報告したとする説もあります。

しかし、ヤガミヒメは大国主とは別れてしまう事となり、ヤガミヒメは薄幸の女神だとも言えそうです。

因みに、大国主はヤガミヒメが去った後も、タキリビメ、カムヤタテヒメ、ヌナカワヒメなど多くの女性と関係を持ち、子を作る事になります。

売沼神社

鳥取県鳥取市河原にある売沼神社は、ヤガミヒメと縁とゆかりのある神社です。

売沼神社の境内のすぐ隣には、曳田河が流れており、さらに東側には八上姫公園があります。

売沼神社の祭神は、八上姫命(やがみひめのみこと)とありますが、八上比売(ヤガミヒメ)と同一に神となります。

売沼神社の対岸には簗瀬山があり、中腹にある嶽古填(だけこふん)が、八上比売のお墓だとする説もあります。

嶽古填は前方後円墳でもあり、大和朝廷と関係があるのかも知れません。

尚、鳥取市には八上姫の里もあり、八上比売と縁が深い地域だと言えるでしょう。

ヤガミヒメの子である木俣神も御井神社で祀られています。

神社名住所電話番号
売沼神社のHP〒699-0631 島根県出雲市斐川町直江25180853-72-3146
八上姫の里(鳥取市)〒680-1222 鳥取県鳥取市河原町曳田(八上姫公園) 
御井神社(島根県出雲市)〒699-0631島根県出雲市斐川町直江25180853-72-3146
八上姫神社〒699-0501島根県出雲市斐川町学頭1329-10853-72-5270(斐川町観光協会)

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク