その他 三国志

恵衢(けいく)は結果を残せなかった揚州刺史

2022年6月6日

スポンサーリンク

名前恵衢(けいく)
生没年不明
時代後漢末期、三国志
勢力袁術
コメント揚州刺史に任命されるも結果を残せず
画像三国志(コーエーテクモゲームス)

恵衢は正史三国志の孫策伝に名前が挙がる人物であり、袁術から揚州刺史に任命された人物です。

当時の揚州には朝廷から揚州刺史に任命された劉繇がおり、恵衢は袁術が独自で任命した揚州刺史となります。

恵衢は劉繇から揚州の地を奪う事を考えますが、勢力を拡げる事は出来ませんでした。

それに対し、孫策周瑜が中心となり劉繇討伐を行うと短期間で、劉繇の勢力を駆逐する事に成功しています。

それらを考えると、恵衢は揚州刺史に任命されるも、結果は残せなかったと言うべきでしょう。

恵氏に関しては『資治通鑑』胡三省注に記載があり、戦国七雄の魏に恵施がおり、宰相になった事もある人物です。

因みに、恵施は諸子百家の名家の筆頭にも挙げられる人でもあります。

余談ですが、三国志演義に恵衢は登場しません。

劉繇の躍進

劉繇は江南に逃れていましたが、朝廷から揚州刺史に任命されました。

揚州刺史の役所は寿春に置くのが慣例でしたが、寿春には袁術がおり劉繇は入る事が出来なかったわけです。

そこで、劉繇は曲阿に本拠地を置き活動を始めると、孫賁と呉景を追い出し樊能、于糜、張英らを派遣し袁術の勢力を防がせます。

袁術は劉繇に対抗する為、琅邪出身の恵衢を揚州刺史に任命し対処させる事にしました。

恵衢は袁術の故吏だった話があり、袁術に近しき人物だったのでしょう。

袁術は恵衢を揚州刺史に任命するだけではなく、一度は劉繇に敗れた呉景を督軍中郎将としました。

恵衢と呉景、孫賁らは共闘する事になったわけです。

結果が残せない恵衢

恵衢と呉景、孫賁は共同戦線を張り、劉繇と対峙する事になりました。

しかし、正史三国志には次の記述が存在します。

「恵衢、孫賁、呉景らは共同して兵を率い張英らを攻撃したが、幾年経っても打ち破る事が出来なかった」

上記の記述を見ると分かる様に、劉繇配下の張英、樊能、于糜らが手ごわかったのか、恵衢は一向に成果を挙げる事が出来なかったわけです。

こうした状況の中で、孫策が呉景や孫賁を助けたいと述べ、袁術に出撃要請をしました。

袁術は曲阿に劉繇がいるだけではなく、会稽には王朗もおり、恵衢でも成果を挙げれなかったのに、孫策に出来るはずもないと考えたのか孫策の出撃要請を受諾しました。

ただし、袁術は孫策に千の兵士しか与えていません。

しかし、千の兵の中には旧孫堅軍の強者である朱治、程普、黄蓋、韓当などがおり、さらに兵は集まり孫策は名士の周瑜、張松、張紘なども配下に加えました。

孫策のカリスマ性は恵衢の遥か上を行っており蒋欽、周泰、陳武、淩操なども従える事になります。

この時の孫策軍は圧倒的に強く、劉繇を圧倒し駆逐してしまったわけです。

恵衢が幾年経っても出来なかった様な劉繇討伐を、孫策は短期間で成し遂げました。

この時に、恵衢が孫策にどの様に思ったのかは分かりません。

しかし、面目を潰されてしまったと考えた可能性もあるでしょう。

ただし、袁術配下の橋蕤張勲は孫策の事を心から尊敬していた話しもあり、恵衢も孫策の事を尊敬した可能性もある様に思います。

尚、恵衢に関しては正史三国志には揚州刺史となり、劉繇に苦戦した事しか書かれておらず、それ以降の実績は不明です。

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク