三国志 魏(三国志)

金禕(きんい)は父親の仇に救援依頼しようとした

2022年4月28日

スポンサーリンク

名前金禕(きんい) 字:徳禕
生没年生年不明ー218年
時代後漢末期、三国志
勢力曹操
年表218年 許昌襲撃計画が失敗
画像三国志(コーエーテクモゲームス

金禕は許都において反乱を画策し、後漢王朝を復興させようとした人物です。

金禕の事は正史三国志の注釈である三輔決録に記録が残っています。

金禕の父親は金旋であり、三国志ファンの間では荊州四英傑の一人とも言われています。

しかし、父親の金旋は武陵太守となりますが、赤壁の戦い後に侵攻してきた劉備により命を落としました。

この時に金禕はどこにいたのかは不明ですが、金旋が亡くなった後も生き延びていたわけです。

金禕は劉備が蜀を取り勢いが盛んになると、北上して来た関羽に内応し、漢王朝を復興させようと考えていました。

金禕は父親の仇でもある、劉備の力を借りて許で反乱を起こそうとしています。

今回は父親の仇にも協力を依頼し、漢王朝を復興させようとした金禕を解説します。

尚、呂布伝の注釈・典略に記載があり、兗州刺史に任命されるも、袁術により殺害されてしまった金尚の子に金瑋がいます。

金瑋と金禕は読み方は共に「きんい」ですが、よく見ると「い」の文字が「禕」と「瑋」で違いがあり、気を付けたい所です。

名門の出身

金禕の先祖を遡ると、匈奴に行き着きます。

金禕の先祖である金日磾は漢の武帝の時代に、漢王朝に仕える身となったわけです。

金日磾が漢に降った時代は、前漢の名将・霍去病や衛青が活躍していた時代であり、こうした中で金日磾も漢に入る事になりました。

金日磾は武帝の命を狙った馬何羅を捕えた話しもあり、武帝の寵愛を受ける事となります。

因みに、「金姓」は武帝より賜わった姓となります。

こうした事もあり、金禕は名門の出身として漢王朝に仕える事になりました。

尚、金日磾は体格に優れており頭脳も聡明だった話もあり、金日磾の風格があるとされた金禕も人々から注目される存在だったのでしょう。

許都襲撃計画

金禕が生きた時代は、漢王朝の権威が亡くなり、魏の曹操に完全に実験が移って行った時代です。

後漢の献帝は飾りだけの存在であり、曹操に権限が集中していました。

こうした中で金禕は「もう一度漢王朝を復興しなければならない」と考えていたわけです。

金禕は心を奮い立たせ仲間を集めると耿紀韋晃吉本吉邈吉穆ら理解を示してくれる事となります。

金禕は耿紀、韋晃、吉本、吉邈、吉穆らと謀反を起こし、漢王朝を再興しようと画策しました。

曹操は許昌を王必に任せており、金禕と王必が仲が良かった事もあり耿紀、韋晃らは謀反が上手く行くと考えた話しもあります。

父の仇・劉備の救援を期待する

金禕が反乱を起こそうとした時期は、曹操は馬超や韓遂を破るなど北方の大半を制圧した状態でした。

南方には劉備や孫権がいましたが、北方は曹操の勢力の地盤が固まっており、謀反を成功させるのは難しい状態だったわけです。

こうした状況の中で曹操は漢中の張魯を討伐し、漢中の地を支配下に置きました。

しかし、益州を制圧した劉備が北上し法正や黄忠の活躍もあり、定軍山の戦いで夏侯淵を斬り、曹操から漢中の地を奪い取ります。

劉備は漢中王に即位するなど追い風が吹き、荊州では関羽が北上を始めるなど、魏の国内が揺れた事で金禕は反乱のチャンスを得ます。

金禕の計画では許昌を任されている王必を殺害し、天子を奪い魏に対し反旗を翻し、劉備の援助を得るというものでした。

金禕は父親の仇でもある劉備の救援を期待したわけです。

金禕にとってみれば、父親の金旋よりも漢王朝の復興の方が重要事項だったのでしょう。

謀反が失敗に終わる

金禕らは反乱を実行に移し、吉邈らに雑人を指揮させ王必を攻撃させました。

この時の吉邈らは、子飼いの奴婢千余人を率いて王必を攻撃した話があり、兵士の質はかなり悪かったはずです。

金禕は人を派遣し内応させ王必を負傷させる事に成功しました。

王必は平素から金禕と仲が良かった事もあり、金禕の屋敷に逃げ込み、徳禕(金禕の字)の名前を叫んだわけです。

金禕の家の者は王必だと気が付かずに、吉邈らだと思い込み、次の様に述べました。

「王長史(王必)はもう殺害してしまったのか。君らの行動は成功したのだな」

金禕家人の言葉により、王必は謀反を起こしたのが金禕らだと悟ったわけです。

王必は別のルートを取り逃亡しました。

金禕らは王必を討ち取る事が出来ず、朝が来ると吉邈の軍勢は散ってしまい、典農中郎将の厳匡も動き出した事から、謀反は失敗に終わります。

金禕ら謀反を画策した人物らは、全員が処刑されてしまったわけです。

尚、この後には魏諷も鄴において謀反を起こそうとしますが、曹丕により未然に防がれました。

関羽も徐晃に敗れ孫権に斬首され、魏の国内の混乱は収束に向かいます。

金禕の能力値

三国志14統率18武力38知力63政治67魅力64

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク