その他 三国志

鮑隆(ほうりゅう)は猟師出身の架空武将

2022年4月27日

スポンサーリンク

名前鮑隆(ほうりゅう)
登場三國志演義
主君趙範
コメント二匹の虎を射殺した武勇の持ち主
画像三国志(コーエーテクモゲームス

鮑隆は三国志演義に登場する架空の人物です。

趙範の配下として登場し、陳応と共に戦いを主張しました。

三国志演義で鮑隆は「二匹の虎を射殺した事がある」とする武勇の持ち主です。

ただし、曹操の子である曹彰殷の紂王は猛獣と格闘する事が出来た話があり、それらに比べると武芸は劣るのでしょう。

鮑隆は飛叉(さすまた)の使い手である陳応が趙雲に呆気なく敗れると、策を持って対抗しようとしますが、最後は趙雲に処刑されています。

今回は荊州四英傑の一人に数えられる趙範の主君とする鮑隆の解説をします。

尚、荊州四英傑の趙範以外のメンバーは劉度金旋、韓玄となっています。

戦いを主張

邢道栄を討ち零陵太守の劉度、劉賢親子を降伏させた劉備軍は、次のターゲットを桂陽太守・趙範に定めました。

趙範討伐に趙雲が名乗りを上げ、張飛と争うシーンもありましたが、くじで趙雲が出陣する事が決まります。

趙範は曹操の配下ではありましたが、諸葛亮の智謀、張飛、関羽らの武勇を恐れていました。

さらに、趙雲が長坂の戦いで見せた活躍も知ってか、戦わずに趙雲に降伏しようと考えていたわけです。

この時に、鮑隆と陳応は先陣を願い出て、戦いたいと主張しました。

鮑隆と陳応が熱心に趙範を説得した事もあり、陳応が三千の兵を率いて趙雲の軍に迎え撃つ事となります。

この時に、鮑隆は出陣せず、陳応の戦いを見守る形となります。

陳応は趙雲と戦いますが、呆気なく敗れました。

陳応と鮑隆は同じくらいの武芸を持っていると考えられ、陳応が趙雲に子ども扱いされた事を見て、鮑隆も正面からでは単独で、趙雲には適わないと悟った様に思います。

鮑隆の策

趙範は陳応が簡単に敗れ戻って来た事を知ると、趙雲には適わないと判断し降伏を決断しました。

趙範は趙雲を城内に入れると、酒宴を開き趙範の兄嫁で未亡人となったいた樊氏を紹介します。

樊氏は高い美貌を持っており、趙範は趙雲に気を利かせたつもりだったのでしょう。

しかし、趙雲は女性の樊氏を使った趙範に激怒し、趙雲と趙範の関係は決裂しています。

趙範が城から出て行ってしまうと、趙範は陳応と鮑隆を呼び対策を練りました。

陳応が「こうなったからには戦うしかない」と述べ、趙雲との戦いを主張しますが、趙範は「戦いになっても勝てる見込みがない」と弱気になります。

ここで鮑隆が次の様に述べています。

鮑隆「私と陳応の二人が降伏と偽り、趙雲に陣に入り込みたいと思います。

趙範様が戦う時になったら、我等が内応し趙雲を二人掛かりで生け捕りに致します」

趙範は鮑隆と陳応に五百の兵を与えて、趙雲の陣に向かわせました。

鮑隆の最後

鮑隆と陳応は趙雲の陣に訪れると、次の様に述べます。

「趙範は女を餌にし将軍(趙雲)を騙そうとしました。

奥座敷に誘い込み将軍の首を斬り、曹操に献上するつもりだったのです。

私らは将軍が怒気を発する様を見て、巻き添えになる事は必定だと思い、こうして降伏に参った次第です」

趙雲は鮑隆と陳応の話を聞くと、多いに喜び酒宴の準備をしました。

しかし、趙雲は鮑隆と陳応が偽りの降伏だと見抜いており、酔った鮑隆と陳応を捕えています。

趙雲は鮑隆と陳応が率いていた五百の兵士を呼び出すと、次の様に述べていました。

趙雲「私を殺害しようと画策したのは鮑隆と陳応の二人だけじゃ。

他の者は関わりがないと思っておる。

お前たちは儂の言う事を聞けば、褒美を取らせる事に致す」

鮑隆と陳応の兵士らは、趙雲に降伏しました。

この後に、鮑隆と陳応は処刑され最後を迎えています。

尚、鮑隆と陳応の配下が道案内をし、趙雲が零陵の城まで行くと趙範は降伏しました。

因みに、趙範劉備や諸葛亮に会うと許され、零陵太守に復帰する事となります。

鮑隆は陳応と同様に、趙雲に武勇を引き立たせる為に創作されたキャラクターなのでしょう。

鮑隆の能力値

三国志14統率58武力75知力49政治20魅力28

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク