その他 三国志

杜陽(とよう)は董卓に捕らえ娘婿に見捨てられたのか!?

2022年5月7日

スポンサーリンク

名前杜陽(とよう)
生没年不明
時代後漢王朝末期、三国志
コメント董卓に捕らえられた事がある。

杜陽は韓浩の舅にあたる人物です。

韓浩の舅と言う事は、韓浩の妻の父親という事なのでしょう。

杜陽は正史三国志の夏侯惇伝の、注釈である魏書に名前が登場します。

正史三国志の記述によれば、杜陽は河陰の令をしていました。

しかし、韓浩を董卓が高く評価した事で、杜陽は捕らえられる事になります。

董卓は杜陽を使い韓浩を招こうとしますが、韓浩は董卓の誘いに乗りませんでした。

杜陽の登場はこの部分しかありませんが、今回は正史三国志の注釈・魏書に名前が登場し、実在したであろう武将である杜陽を解説します。

董卓の捕虜になる

洛陽で何進と宦官に対立は頂点に達し、宦官はいち早く何進を暗殺してしまいました。

しかし、何進の部下である袁紹が宦官を皆殺しにしてしまいますが、最終的には少帝と陳留王(後の献帝)を保護した董卓が実権を握ります。

董卓に反発するかの如く、袁紹や曹操が中心となり反董卓連合が結成させ、孫堅なども加わる事となります。

この時に、王匡が韓浩の実力を認め従事として、盟津に向かわせ董卓と対峙させました。

董卓は韓浩を高く評価しており、韓浩の舅である河陰の令であった杜陽を捕え、韓浩を配下に加えようとしたわけです。

杜陽にとってみれば、娘婿の韓浩が優秀だったが故に捕らえられてしまったとも言えるでしょう。

しかし、韓浩は舅の杜陽が捕らえられても、董卓の誘いに乗りませんでした。

袁術は杜陽と韓浩の話を聞き、韓浩が見事な人物だと感じ、韓浩を騎都尉に任命した話があります。

後に曹操配下の夏侯惇が韓浩の有能さを知り配下に加えるなど、杜陽の舅の韓浩は出世していく事となります。

杜陽のその後はどうなったのか?

韓浩は出世していき、屯田制を進言するなど、政治家としても軍人としても力を発揮しました。

しかし、杜陽に関しては記録が全くなく、どの様になったのかも不明です。

杜陽は董卓に捕らえられた時に、韓浩がやって来なかった事で、ある意味見捨てられた事になるでしょう。

もしかしてですが、杜陽は董卓により処刑されてしまったのかも知れません。

尚、韓浩のこうした人質に対する態度は、杜陽だけに行われたわけではなく、夏侯惇に対しても実行された記録があります。

夏侯惇は呂布の配下に捕らえられた事がありますが、この時に韓浩は涙ながら、夏侯惇に訴えた後に、賊に対し攻撃命令を出しました。

この時は夏侯惇は運よく生き延びる事が出来ましたが、同じ事が何度も通用するわけでもないでしょう。

それに、杜陽が捕らえたのは涼州を震撼させた董卓であり、相手はかなり悪いとも言えます。

それを考慮すると、杜陽は董卓に処刑された可能性も高い様に感じました。

杜陽が韓浩の態度を立派だと思ったのか「頼むから来てくれ」と感じたのかは不明ですが、自分の娘婿は凄い人だと感じたはずです。

この記事を書いた人

構成・文/宮下悠史

スポンサーリンク