その他 三国志 後漢

郭汜(かくし)は妻が原因で滅亡の道を歩む

2022年12月27日

スポンサーリンク

宮下悠史

YouTubeでれーしチャンネル(登録者数4万7千人)を運営しています。 日本史や世界史を問わず、歴史好きです。 歴史には様々な説や人物がいますが、全て網羅したサイトを運営したいと考えております。詳細な運営者情報、KOEI情報、参考文献などはこちらを見る様にしてください。 運営者の詳細

名前郭汜(かくし) 字:阿多?? 別名:郭多
生没年生年不明-197年
時代後漢末期、三国志
勢力董卓李傕
年表192年 長安を急襲
195年 李傕と対立
画像©コーエーテクモゲームス

郭汜は正史三国志に登場する人物で、涼州張掖郡の出身です。

郭汜は李傕と共に行動し、賈詡の策を実行し董卓の仇を討った人物でもあります。

長安での戦いでは正史三国志の注釈・英雄記に郭汜と呂布が一騎打ちを行った話があります。

史実で大将同士の一騎打ちが行われる事は稀であり、かなり珍しい記録だと感じました。

李傕と郭汜は幼馴染でもあり、献帝を擁し後漢王朝の朝廷を牛耳る事となります。

しかし、郭汜の妻が原因で李傕と対立し、滅亡の道を歩む事になります。

献帝が去った後の李傕や、郭汜は短期間で滅亡しました。

因みに、郭汜の転落には妻が大きく関わっていると言えるでしょう。

李傕と郭汜はセットで語られる事が多く、コーエーテクモゲームスの画像でも同じポーズで描かれています。

李傕(左)が太めで郭汜(右)がスリムな体型と、相棒感も抜群に醸し出していると思いました。

李傕と郭汜

郭汜を語る上でキーポイントになるのが李傕であり、郭汜は李傕と幼馴染だった話があります。

しかし、李傕の出身地は同じく涼州ではありますが、李傕は涼州の北地郡だとされています。

画像:涼州の郡県詳細地図(もっと知りたい三国志より)

同じ涼州の中でも張掖郡と北地郡は、それなりに距離があり、どの様にして郭汜は李傕が知り合ったのかは不明です。

ただし、郭汜も李傕も董卓配下の牛輔の部隊におり、お互い気があったのでしょう。

董卓の仇を討つ

郭汜は董卓の配下として活躍しており、武勇には定評があった様です。

袁紹曹操が中心となった反董卓連合との戦いでは、陽人の戦いで董卓軍の胡軫華雄が孫堅に敗れました。

こうした中で董卓は少帝を廃し献帝を擁立し、何皇后を李儒に毒殺させるなどを行い、長安への遷都を決行しています。

董卓軍も関東の軍も見せ場は少なかったわけですが、郭汜は李傕と共に朱儁を破る活躍を見せています。

朱儁は張角の黄巾の乱では皇甫嵩盧植と共に活躍しており、寡兵だったとは言え朱儁を破った郭汜の采配も中々のものだったのでしょう。

董卓は長安に遷都しますが、董卓は名士層から嫌われており、荀攸などは董卓暗殺計画を実行しています。

こうした中で王允呂布が董卓を討ちました。

王允は董卓配下の蔡邕を処刑するなど、董卓配下の者達に対し、厳しい態度で挑む事になります。

郭汜の上司にあたる牛輔も亡くなり、李傕、郭汜、樊稠らは軍を解散して西涼に戻ろうとしました。

ここで賈詡が「軍を解散させたら簡単に役人に捕まってしまう」と述べ、董卓の仇を討ち、失敗したら逃げればよいと進言しています。

賈詡の策に李傕、郭汜、樊稠は奮い立ち、長安を襲撃しました。

呂布との一騎打ち

郭汜らは長安に攻め上りますが、この時に王粲の英雄記に呂布と郭汜の記録があります。

英雄記によれば郭汜は城の北におり、呂布は城門を開き郭汜の軍に接近し、次の様に述べたとされています。

※英雄記より

呂布「軍勢を遠ざけよ。一騎打ちで勝負をつけよう」

呂布は郭汜に一騎打ちを挑みました。

ここで郭汜も一騎打ちを受け、呂布と戦う事となります。

郭汜と呂布の一騎打ちですが、武勇は呂布の方が上だった様で、郭汜に矛を突きさしたとあります。

郭汜の部下はやられたと思って、郭汜を助け、呂布も退き一騎打ちが終わった事になっています。

郭汜は呂布に刺されたわけですが、傷は軽かった様で大事には至りませんでした。

三国志演義では関羽張飛趙雲など至る所で一騎打ちが行われていますが、史実で大将同士が一騎打ちをした記録はかなり珍しいと言えます。

英雄記の話が真実なのかは不明ですが、郭汜には呂布と一騎打ちを行った記録が残っているという事です。

尚、正史三国志の一騎打ちの記録としては、馬超と韓遂配下の閻行も一騎打ちを行っています。

妻が原因で万を超える死者

李傕、郭汜、樊稠らは王允や呂布を打倒し、献帝を抑えました。

李傕が車騎将軍、郭汜が後将軍、樊稠が右将軍になるなど、郭汜らは牛輔の配下から一気に後漢王朝の高官に躍り出たわけです。

馬騰劉焉、韓遂らが李傕を打倒しようとしますが、郭汜、樊稠、李利などが撃退しました。

後に李傕と樊稠が対立し、李傕が樊稠を処刑しました。

李傕は郭汜を招き度々酒宴を開くなど、李傕と郭汜は比較的仲良くやっていたのでしょう。

郭汜は李傕の家に泊まるなど、親密な関係が続いていました。

これに不安を覚えたのが郭汜の妻であり、郭汜が李傕の用意した女性に好意を持つ事を恐れたわけです。

李傕の方でも郭汜の為に、女性の用意はしていたのでしょう。

郭汜の妻は「このままでは捨てられる」と思ったのか、李傕と郭汜の仲を引き裂こうとします。

李傕が郭汜に食物を送って来ると、郭汜の妻は毒薬を入れて置き、郭汜に見せました。

さらに、郭汜の妻は「李傕と仲良くやるのはよくない」と述べ、李傕を讒言したわけです。

こうした事情から李傕と郭汜は争う様になり、長安で市街戦を行うまでに発展します。

郭汜の妻は末喜妲己ほど知名度はありませんが、悪女だと言えるでしょう。

郭汜の妻が行った離間の計により、長安では万を超える死者が出て、荒廃する事になります。

李傕が自分の陣営に献帝を置いたのに対し、郭汜は楊彪、張喜、王隆、士孫瑞、韓融、宣璠、栄郃ら後漢王朝の高官を自陣営に置きました。

郭汜は李傕との戦いでは、数百の兵で数万の敵を破った話もありますが、真実なのかは不明です。

数百で数万の敵を破れば、郭汜と李傕の戦いが長引く事も無かったでしょう。

郭汜の追撃

李傕と郭汜は争いますが、張済により和解が成立しました。

長安は市街戦が行われ荒れ果ててしまい、万を超える死傷者が出た事もあり、献帝は弘農に行く事になります。

後に献帝は驃騎将軍に張済を任命し、郭汜は車騎将軍、楊定を後将軍、楊奉を興義将軍、董承を安集将軍に任命しました。

李傕は大司馬に任命し、三公の上の役職になった話もあります。

献帝は弘農に行く事が決まっていましたが、郭汜は気が変わったのか高陵に行くように勧めました。

献帝は郭汜を説得しようとしますが、郭汜は納得せず、献帝が食事を取らなくなったので、郭汜は慌てて近場に移動する様に述べます。

しかし、郭汜は献帝が弘農に行くのは反対であり、郿に都を置こうと考えました。

郭汜は密かに計画を練りますが、バレてしまい种輯が楊定、董承、楊奉に密告したわけです。

郭汜は企みが露見すると、軍を棄てて南山に入りました。

郭汜配下の伍習らが、献帝を連れて西に移動させようとしますが、楊奉らに敗れました。

この後に郭汜は李傕と合流し、献帝を再び襲いますが、最終的には韓融により和睦する事となります。

郭汜の最後

郭汜ですが、李傕と同様に献帝と別れてからは、記録が極端に薄くなります。

郭汜は車騎将軍にはなっていましたが、献帝の側近では無くなってしまいました。

こうなると、李傕同様に郭汜の求心力も失われて行ったのでしょう。

李傕や郭汜らは裴茂、段煨、張横、梁興らの攻撃を受け戦いに敗れました。

正史三国志には「郭汜は部下の伍習に裏切られ郿で最後を迎えた」と伝わっています。

郭汜には天下を運営するだけの器はありませんでした。

郭汜の評価

郭汜を考える上で、妻に選んだ女性が悪すぎたと言えるでしょう。

郭汜の妻がもう少しまともな人であれば、郭汜も少しは生き延びたのではないかと思いました。

しかし、郭汜は破れたとはいえ呂布と一騎打ちをした記録もあり、武芸が得意だったのでしょう。

郭汜が万の敵を破った話もあり将軍としては有能だったはずです。

それでも、郭汜に政治センスはゼロであり、上に立つべき人ではなかった様に感じています。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮下悠史

YouTubeでれーしチャンネル(登録者数4万7千人)を運営しています。 日本史や世界史を問わず、歴史好きです。 歴史には様々な説や人物がいますが、全て網羅したサイトを運営したいと考えております。詳細な運営者情報、KOEI情報、参考文献などはこちらを見る様にしてください。 運営者の詳細